創作活動は現在お休み中。しばらくは、近況をお伝えすることに。


by hitsujimom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

連休だ~

三女の謎の咳は、ぴたりとおさまりました。
…ほんとに、なんだったんだろう。

その日、夫が、飲み会からの流れで、家に同僚を連れてきたのです。
お客様はコーヒーを飲んでしばらく話をし、帰られたのですが、
三女が寝付いて、お客様が帰ったあとからはじまった咳、
「ひょっとして、お客様が 何か霊的なものを連れてきたのでは…?」と
夫は笑いながら言い始めました(汗)
最近、美輪明宏や江原啓之の本ばかり読んでいる私、
んー。あながち、その可能性も ないとは言えないかも。
と、思っております。

その方、4月はじめからものすごい咳で、職場もかなり休んでいたとのことです。

さて、昨夜、実家の母に電話しました。
首都圏で仕事していた弟が、北海道へ帰ってきたという話になって、
彼は新婚さんながら、1年間にわたる超遠距離単身生活を送っていたので、
ほんとによかったと、喜んでおりました。

もう、しばらく実家に帰ってないので、
子ども達も「かえりたーい」「北海道いきたーい」と
願いが大きくふくらんでいる状態。今年の夏こそは、本気で、帰郷したいです。

北海道のことをどこまで知っているのか、三女までが
「北海道行きたいよー」というので
「北海道で何したいの?」と聞いてみたら

「あのね。バナナのあじの、ふわふわのお菓子食べたいの」

…それって、東京ばななでは…?
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-29 11:05

謎の咳!

昨夜、ふとんに入って寝付いた三女が突如咳き込みはじめ、
その勢いで 嘔吐し続けるという事件が…

12時近くなっても咳と嘔吐はおさまらず、
救急へ走りました。

でも、病院に行ったら咳はぴたりとおさまって、
「なにしにきたの?」状態…

投薬を受けて、1時前には、何事もなかったかのようにぐっすり…
で、まだ目覚めません。どうしよう、保育園(笑)
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-28 07:15

指導に目覚めてみる

コーチングの講習を受けてから、いろいろ思うところがあって、
たまたまコーチも休みだったので、グループの練習に口出ししてみた。

否定せずに話を聞くことが一番の基本らしいんだけど、
そんなことで選手自らが 潜在能力を発揮するなんて、
そんな簡単にいくかしらと、正直思っていた。

だから今日は、私のアプローチも手探りではあったんだけど。

今まで「表現できない。主張できない」と言われ続けていた子たちが
実はちゃんと考えていて、向上したいと思っていて、
意見も言えるし、改善策について自分達で協議することもできたのには驚いた。

久々に顔を出してくれたOGのアドバイスで成功の確率も上がり、
だんだん盛り上がってきて、いい感じの時間が過ごせたと思う。
言われた通りの動きをこなすだけの活動から卒業して、
自分達で創り出す楽しみに、気づいてくれると嬉しいんだけど。

そんな感じで過ごしていたら、うしろから、未就学の選手が腰に抱きついてきて
「ねーねー。ひとりで乗れるようになったよー」と教えに来てくれた。
いやぁ。めんこいよねー。

その瞬間、このまま、私も指導者として足を突っ込もうかなと、
ちょっと心が動いたのよー。
今はやっぱり、ちっちゃい三女のコンディション優先だから、
責任あるポジションは避けてるんだけど。
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-27 00:56
どこで覚えたのか(笑)b0043964_20122328.jpgb0043964_20124794.jpg


真ん中に、カッターで穴が切り抜いてありまして、
裏から、人差し指と中指をあてております。
ちなみに、このうしろすがた、三女に似せて描いてます(笑)
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-25 20:16

飲み会

昨日は久々に、スーツを着て出る飲み会でした。

実に、一年ぶりくらいのスーツ+ストッキングだったかと(笑)
着られるものがあって良かった良かった。

行くときに、三女が「いかないでー」と大泣き。
夫の帰りも遅くて、慌てて車で出かけたのですが、もう駐車場は満車。
で、隣のスーパーの駐車場に駐めたのですが、
飲み会が終わって車を取りに行くと、チェーンで施錠中でした。
車はお泊まり 徒歩帰宅です。

せっかくの晴天の休日なのに、
自分のダメさを突きつけられて、テンション下がります。
休日は嫌い。
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-23 12:48

曲の編集

ひそかな特技に、「MDでの曲の編集」があります。

演技を規定時間内におさめるために、曲の一部を省略する作業です。
パソコンソフトでやれればもっと簡単なのでしょうが、
ソフトはないので、MDラジカセで原始的に編集しています。

今まで、2分45秒で作っていた演技を、
ビデオ審査のために 2分にリサイズしなくちゃならない…
で、今日の午後、さっそく作業に取りかかりました。

曲のつなぎ目を探す作業が、一番難しいけどおもしろい。
耳に意識を集めて、つなぎ目を見つけて、
いらない部分を捨てて…のくり返し。
違和感なくつながったときの快感は、ちょっと癖になりますよ。
「いやぁ、天才だ!」と、自分で言いながらやって、娘に苦笑されます。

で、見事に完成しました。1分58秒に縮小できました。
さて、今年こそ、審査にパスできるといいのですが、そんなに甘くはないだろな(^-^;
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-20 22:18

あたま引き出し

仕事をしているときは ひたすらキーを打ち続けているので、
集中しているようで実は あたま空っぽ状態に近い気がします。
そんな空っぽ頭の中に いろんな画像が浮かびます。
浮かんだ画像は、そのままにしながら、さらに打鍵を続けることが多いです。

毎日同じようなイメージが浮かぶ時期もあれば、
日によってくるくる変わることもあり、

最近毎日のように浮かぶのは、
高校時代を過ごした街の、駅付近の細い道とかが多いです。
それもたいてい夜。霧が発生していたりとかします(暗い…)
大きな橋を、学校に向かって自転車で上り下りしてる自分とか(笑)

ちょっと「夢」みたいだけど、夢とも違うんだろうな。
きっと、古い記憶の引き出しから引っ張り出してきてるんだろうけど、
このとき、脳の中で、どんな現象が起こっているんでしょうね。

今日は、寝る直前にちょっと嬉しい知らせが入り、
嬉しさのあまり なかなか寝付けませんでした。
最近、二女が「朝練」と称して私を5:30にウォーキングに連れ出します。
早起きしなくちゃ。もう寝よっと。
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-20 01:11

お絵かきに目覚める

これまでなかなか絵を描こうとしなかった三女。
クレヨンやら色鉛筆、チラシの裏や画用紙など、画材はあふれるほど家にあるのに、
「アンパンマン描いて」
「リンゴ描いて」
等、描いてほしいと要求するばかりで、一向に描こうとしませんでした。

「子どもの絵の見方 育て方」(鳥居昭美 著/大月書店)という本を読んだことがあって、
●記号化された大人の絵が、子どもの表現を奪う
●子どもの描く絵には、物語がある。何を書いたのか聞くという形で会話を重ねていくと、
 子どもは絵で内面を表現するようになる。
というような内容に感化されました。

上の子たちの時にはせっせと描いてあげていたのですが、
確かに、幼少時の長女の絵は、平面的なお人形さんばかり。
で、三女には、描いて描いてとせがまれても、めったに描くことはしないで来たのです。

でも、ちかごろどうやら、目覚めた様子。
宝箱のふたが開いたように、次々におもしろい作品を生み出しています。

b0043964_1615035.jpg
まずは、わたしと、おねえちゃん。


b0043964_16153696.jpg
おとうさん。
「ひげとメナゲ(めがね)があるのー」だそうです。


b0043964_16164581.jpg
しし踊り。



今しか描けないこういうタッチ、クラフト作品に生まれ変わらないかしらと、画策中です。
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-18 16:22
三女の熱は一日で下がったのですが、翌日あたりから二女がケホケホ言い出しました。

市販薬で様子を見ていたのですが、やはり病院には行こうねと。
で、小児科は、午後3時から4時の間だけ、外来を見てくれるので、
「3時半までに帰っておいで。そしたら病院行こう」と言っていたのです。

ところが、新学期、新しい人間関係が楽しくて仕方ないらしく、
月・火は、ついついずるずると、下校が遅くなる日が続いて、
ついに病院には行けないままだったのです。

で、水曜日。
朝から呼吸が苦しそう。しばらく出てなかった喘息の症状です。
しかたがないから学校を休ませて、病院へ。
吸入をして、だいぶ楽になったようです。

今朝は、咳はあるもののだいぶ落ち着いて、また元気に学校へ行きましたが、
週末にもらった薬のきれた三女が、またケホケホ…
これから保育園へお迎えに行き、またまた病院へ行ってきます。

この調子だと来年は、医療費控除の申告に行けそうな気配(笑)
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-12 14:26

コーチング

先月、スポ少の動員で、「コーチング」についての講演会に参加しました。
最初は「えー、なんで私がー」状態だったんだけど、
これが、話を聞けてよかったなー。と思える講演でした。

講師は、清水隆一さんという、野球関係の方。

今までの指導というと「選手が一方的に指導者の言うことを聞く」のが
主流だったけど、

指導者は、選手自身の話を 否定せずにたくさん聞く

言語化することによって、選手自身の内面で、
考えの整理や気づきが起きる

選手自身が自発的な行動(練習)を始める

という方法がありますよ。という内容。

「なるほどー」と思った。
これまで、「悔しい思いをさせて、負けず嫌い根性で勝負させよう」
なーんて考えてたけど、それはやっぱりダメなのね。
チームの子も、おとなしい子が多いんだけど、
それってどこか「言うと怒られる」「失敗すると言われる」雰囲気に
起因してないかなぁ…

等、ぐるぐる考えているここ数週間です。
[PR]
by hitsujimom | 2006-04-11 06:06